まずは1週間からスタート

喫煙習慣が長くなると、タバコを仲の良い友人のように感じる人も多いでしょう。なかなか禁煙に踏み切れない理由は、タバコがない人生が味気なく、寂しいように感じるせいもあるかもしれません。

しかし、タバコはたとえ友人だとしても、あなたにさまざまな害をなす悪友です。強い気持ちを持ち、手を切った方が良いでしょう。

禁煙で最もつらいのは、最初の1週間であると言われます。 この1週間を乗り切ることができれば、成功の確率は高くなると言われています。

それでは、禁煙をはじめて最初の1週間には、どのような変化が起きるのでしょうか。


離脱症状は1週間の辛抱

「タバコを吸いたい」という欲求は、禁煙開始3日目あたりをピークとして、約1週間で消えていきます。

特に初日から3日間、ニコチンが体内から完全に消えるまでは精神的にかなりつらい思いをする場合が多いようです。

長年の間に、ニコチンは体に必要不可欠のものと脳が錯覚しており、禁煙によってニコチンが不足すると全力で補おうとするため、脳からさまざまな信号を出してタバコを吸わせようとするのです。

初日はただ単純に「タバコが吸いたい」という信号を頻繁に送るのですが、それでニコチンが補給されないと、次にはイライラして周囲に当たる、わけもなく悲しくなるなどの精神状態をもたらします。 精神的な攻撃が最もつらいという人は多く、禁煙開始から3日目を乗り越えられるかどうかが禁煙成功のカギを握っています。

最初の1週間を何とか乗り切ることができれば、禁煙の成功確率はかなり高くなります。

たとえば「今後一生、タバコとはサヨナラだ」といった強い意志を持つことも大切ですが、まずは1週間だけ試してみるというのも良いのではないでしょうか。

1週間を乗り切ったあと、その後継続するかどうかをその時点で考えれば良い、と思えば、禁煙の敷居も少し低く感じられるのではないでしょうか。

1週間で見られる体調の変化

1週間禁煙するだけで、体調は明らかに良くなります。 まずは良く言われることですが、味覚が正常に戻り、食事がおいしくなります。 二日酔いにもなりにくくなります。 これは、これまでタバコの影響で炎症を起こしていた消化器官や内臓系の働きが正常になり、消化吸収がスムーズになることに加えて、鼻や口の粘膜も正常になり、味覚や嗅覚が改善するためです。

さらに、睡眠の質が改善し、朝の目覚めがすっきりすることを多くの人が実感します。朝の目覚めが改善すると、起床時から元気に活動することが可能となるため、日中の能率も高まり、仕事がはかどると感じる人も多いようです。

また、肺活量は正常値の30%ほど回復します。これによって運動による息切れが減少し、運動することが楽になり、日常的な動作が快活に行えるようになります。

2週間で効果はさらに

禁煙開始から1週間は、自分自身の感覚的な変化が主なものですが、 2週間の禁煙では外見にも変化が見られるようになります。 体全体の血流が改善するため、肌表面に活力が戻り、顔色が良くなるため、活き活きとした印象を周囲に与えるようになります。

最もつらい1週間目を乗り越えたあと、次の1週間は禁煙もそれほど苦しくはなく、さらに高い効果も実感出来るようになります。 1週間頑張れたら、もう1週間だけ頑張ってみてはいかがでしょうか。