喫茶店で吸う

婚活のためには禁煙が重要

結婚を考えている女性は、たばこに対してとてもデリケートになっています。妊娠、出産、育児という大役を果たさなくてはならない女性たちが、健康のことを第一に考えるのは当然のことです。

相手の男性が喫煙者だとわかれば、健康に対する関心が低い人だと女性は判断するでしょう。たとえあなたがお気に入りのタイプの男性だったとしても大幅に減点されてしまう可能性があります。婚活を始めようとする男性にとって簡単に無視はできない話です。


世界が目指す煙のない社会

近年、先進諸国では喫煙の害が問題視され、あらゆる角度から規制が強化され、健康被害を食い止めるための対策がとられています。公共の場所でのスモーキングスペースは減らされ、たばこの価格改訂も予定されています。

こうした社会の変化は、煙やニオイを快く思わない人々にとっては毎日の生活が過ごしやすくなった反面、愛煙家にとっては実に住みづらい世の中になりました。
タバコの煙と社会的責任:日経ビジネスオンライン

家庭でも当たり前になった嫌煙

妊娠を希望する女性は、やがて生まれてくる赤ちゃんのことを真剣に考えています。それまで喫煙習慣のあった女性でさえ、出産を前にして禁煙を決意するという話はよく聞きます。

部屋で吸うことを禁止されたお父さんたちは、ベランダに出て隠れるように一服しています。マンション階下の住人から、煙が入ってきて困るという苦情が出てトラブルになるケースもあるようです。

世のたばこ好きの独身男性たちは、結婚を考えるようになったら禁煙を決意する勇気が必要です。

婚活は禁煙を実行するチャンス

「おれなんか10代のころから吸っているが、いたって健康だ」「自分だけは特別だ」という人もいますが、身体への悪影響は、長い年月がたってから表面化することもあります。愛煙家たちが気の長いことを言っていられるのは、今のうちだけかもしれません。

女性たちは大切な人がいつまでも健康であってほしいと願います。本当に生涯のパートナーとなる女性を探すつもりであれば、まず生活習慣から改善しなければいけないということです。「いまの自分」を見つめ直して、新しいスタートをきりましょう。

禁煙は、いまや結婚の条件のひとつです。それでもあなたは、たばこを吸い続けますか?