その腰痛、もしかするとたばこが原因かも?

たばこを吸われている方の中で、「最近なんだか腰が痛い・・・」という方はいらっしゃいませんか?実はそれ、原因は喫煙にあるかもしれません。少し意外かもしれませんが、たばこと腰痛には意外な関係があると言われています。その理由は、喫煙者のほうが非喫煙者に比べて椎間板の老化が早い、ということがわかっているからです。今回は、そのメカニズムや、実際に行われた研究結果などを例に取り、なぜ腰痛と喫煙には関係があるのか?ということを解説していきたいと思います。


毛細血管の収縮

喫煙は椎間板の老化を促します。この原因は、ニコチンによる血行不良です。脊椎とは、は椎骨の積み重ねで作られています。そして、椎骨の間にあるのが椎間板で、これはクッションのような役割を果たしています。

椎間板には、そもそも血管がありません。ではどこから栄養分を得ているのかというと、周囲の毛細血管からです。つまり、ニコチンによって椎間板のまわりの毛細血管が収縮すると、栄養が行き届かなくなり、椎間板の老化につながってしまうのです。

ビタミンC不足によりコラーゲン現象

喫煙はビタミンCの不足を招くということも分かっています。これも、椎間板の老化につながる原因のひとつです。その理由は、椎間板がコラーゲンによって作られるからです。さらに、コラーゲンというのはそもそもビタミンCによって生産が促されるので、喫煙がこれを抑制すると、結果的に椎間板の老化につながるのです。

たばこと腰痛に関する実験

たばこと腰痛の関係についてお伝えしてきましたが、これはどのようにして判明したのかについてもご紹介しておきましょう。とある病院で行われた研究についてです。

この病院では、まずはウサギを実験に用いました。ウサギの体内へとニコチンを入れ、常時喫煙をしている状態に近づけたのです。その結果、なんと椎間板に著しい変化が見られたのだとか。

次に、ラットを使った実験も行っています。ここではたばこの煙を20本吸わせ、受動喫煙状態にしたそうです。その結果、ウサギほどではないにせよ、椎間板のまわりの毛細血管数の減少が認められたそうです。

もしも腰痛をそのままにしておくと?

さて、もしも喫煙を続けて椎間板の老化を放置すると、いったいどのような悪影響が及ぶのでしょうか?たとえば、椎間板に本来含まれている水分が老化によって減少すると、それに伴いクッション性がなくなっていきます。こうして椎骨や脊椎が不安定な状態になると、体が自然に安定を求め、変化をしていきます。

その結果、腰部脊柱管狭窄症や腰椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニアといった病気に発展するケースも。それぞれの症状については深く触れませんが、いずれも恐ろしい症状であることには変わりません。ぜひ、ご注意ください。

椎間板の老化は腰痛につながります。それを促すのがタバコである以上、喫煙は腰痛につながると言ってしまえるでしょう。これは、実際に行われた実験の結果でも明らかです。腰痛の予防や、悪化を防止するためには、禁煙をすることが大切であると言えるでしょう。健康な体を維持するためにも、早めの禁煙をオススメします。