「プチ禁煙成功者」のはまるワナ~タバコの出戻り、していません

「大丈夫大丈夫、タバコなんていつでもやめられるから」…そんなふうに、喫煙と禁煙を一定期間で繰り返している人はいませんか?実は、そんな「プチ禁煙成功者」こそタバコの巧妙なワナに見事に引っかかっているかもしれません。 せっかく禁煙するならば、「もう二度と手を出さない」ことを心に誓いましょう。


苦労なくやめられた人ほど、出戻り率が高い!?

世の中には、わりと簡単にタバコをやめられる喫煙者と、そうでない喫煙者がいます。一見すると前者のほうが立派なように思えますが、実はその中には「出戻り常習犯(?)」も多いため、注意が必要です。

「そろそろ禁煙するか…」と思ってタバコをやめてみると、意外に禁断症状も少なく、あっさりやめられたといううらやましい人は確かにいます。しかしそのまま継続できれば最高なのですが、あまりにも簡単だったために、逆に「いつでもやめられるんだ」と思ってしまう可能性もあるのです。

そして、軽い気持ちでまたタバコに手を出してしまいます。特に喫煙者の友人や家族がいる人は、「ちょっと1本ちょうだい」と言って気軽にもらってしまうようです。

こうして再び喫煙習慣に舞い戻るものの、「自分は苦労なく禁煙できた!」という事実と、それに対する自信のようなものがあるため、またいつでもやめられると思ってしまいます。そうこうしているうちに、喫煙と禁煙を繰り返す立派なスモーカーになってしまうのです。

タバコに「ちょっと」「今だけ」はないと心得よ

たとえ禁煙期間がいくらかあるにせよ、完全にやめられていないのなら、それは喫煙者と同じです。たとえは良くありませんが、窃盗犯が「去年1年は盗んでいないもんね!」と自信満々で言っているのと似ています。 やめるなら、完全にやめなければ禁煙の意味はありません。

タバコは確かに、再犯をおかしやすい代物です。日本では値上がりしたとはいえ、まだ数百円で購入でき、しかもご丁寧に自販機でも売られています。

「ああ、吸いたくなってきたなぁ」と思った時、まるで「どうぞどうぞ、いつでもお戻りください」と言われているようなものです。

だからこそ、禁煙には相当な覚悟が必要であることをぜひ理解しましょう。裏ルートで手を回さなければ買えない麻薬と違い、タバコは本人の心が挫けさえすれば、いつでもどこでも入手できる厄介な嗜好品なのです。 「またいつでもやめられる…」なんていう甘い覚悟では、遅かれ早かれ手を出してしまうことになるでしょう。

これはタバコに限った話ではありません。犯罪でも、泥沼の不倫でも、いったん良くない世界から足を洗ったなら、二度と同じ世界には戻らないと心に誓う必要があります。 誘惑は、私たちの心の弱さに簡単に付け込んでくるものです。それに打ち勝ち、真の勝者となってください。