Category : タバコが引き起こす怖い病気

喫煙と不妊症

不妊症で悩むカップルは多くなっています。不妊の原因は、加齢や生活習慣、病気、その他さまざまな原因があります。とはいえ、ほとんどが"これが原因"という明確にはわからないのです。その一つ一つの原因を排除していくことが不妊症解消にもつながるものです。

数ある不妊症の原因の中でも大きなウエートを占めているのが、喫煙です。タバコが胎児に悪影響を及ぼすということはほとんどの方が知っていることでしょう。ただ、なかには妊娠してからタバコをやめよう、と思っている方もいるのではないでしょうか。ですが、妊娠してからやめると思っていても、もしかすると妊娠すらできない可能性もあります。

喫煙と妊娠の関係

タバコを吸うとタバコに含まれるニコチンにより血管を収縮させてしまいます。それにより心筋梗塞などの心疾患を引き起こすリスクが高くなるのですが、血流が悪いと妊娠に必要な子宮や卵巣にうまく血液を送り出せなくなってしまいます。生理不順などはこういった血行不良によって引き起こされますし、血行不良で冷え性になるとさまざまな臓器の活動も悪くなってしまいます。つまり子宮や卵巣の働きも悪くなって妊娠しづらくなってしまうのです。

また、不妊の原因には加齢もありますが、卵子の寿命が短くなったり閉経が早くなったりすることもあります。そして前述のように血行不良は生理不順を引き起こしますが、それによりSEXのタイミングも分からなくなりうまく受精できないこともあるのです。そして仮に妊娠しても、流産や死産のリスクも高くなってしまいます。

男性の喫煙も不妊症の原因に

女性は赤ちゃんのためにもタバコは吸わない方がいいのは誰でもわかります。では男性の喫煙は無関係かと思う方もいるのではないでしょうか。もしくは受動喫煙だけに気をつければいいかな、と思う方もいるでしょう。 ですが、男性の喫煙も不妊症に関係があります。タバコを吸っていると精子の量が減少したり、精子の運動能力が低下してしまったりするのです。女性の臓器、卵子は健康的でも、精子が卵子までたどり着けない、となれば当然妊娠はしませんから、それが原因不明の不妊症のひとつになってしまいます。また奇形の精子ができる可能性もあります。

そして、男性の喫煙はEDになりやすくなってしまいます。50代以降になってしまえば、たとえEDになろうと子供を作ることも少なくなるでしょうからそれほど気になりません。ですが、20~30代男性でもタバコを吸っていればそれが原因でEDになってしまうこともあります。となると長期間SEXができず、子供が作れない状態になります。男性はいつかEDも治るだろうと楽天的に考えるかもしれませんが、女性はタイムリミットがありますから悠長な事を言っていられないこともあります。

もちろん、EDでもバイアグラ等のED治療薬がありますが、タバコを吸っているとバイアグラの効き目も半減してしまいます。勃起できないわけではないでしょうが、満足いく効果が得られるかどうかも不明です。

喫煙しても元気な子供を生んでいる人もいる

タバコを吸っていたら間違いなく妊娠できない、生まれた子供に何か問題がある、ということはわかりません。実際にタバコを吸っていてもすぐに妊娠する方もいますし、妊娠中にもタバコを吸い続け、それでも元気な子供を生んでいる方もいます。

タバコを吸ってなくても不妊症で悩む方も多いですし、妊娠を継続できないケースも多いです。はっきりとしたことは分からないですが、それでもできるだけ排除できる原因は取り除いた方が良いでしょう。そのためには女性はもちろん、夫婦一緒に禁煙をしましょう。自分のためには禁煙できなくても子供のことを考えたらきっとやめられるはずです。

Recommend