たばこを吸う人のイメージ

世界的に規制が強まる中、喫煙習慣を続けることは周囲からの風当たりも相当に強いでしょう。

最近では、喫煙場所がなくなり、その人がふだんたばこを吸うのかどうかはわかりません。何かのきっかけでヘビースモーカーであることが知られると、これまでの評価が下がってしまうこともあるようです。

たばこを吸わない人から喫煙者はどう見えているのでしょうか。それを知ると禁煙を始めようと思うでしょう。


たばこを吸う人は意志が弱い?

これだけ健康に悪いといわれているのに、なぜ禁煙しないのかと聞かれます。本人にとってそんなことは百も承知で、本当はやめたいと思っていても、やめられないのが実情でしょう。

まわりの人の目には、たばこに火を点けるあなたは、誘惑に負けてしまう意志の弱い人と映っているかもしれません。

周囲への配慮に欠ける人?

日本に大気汚染物質である微小粒子状物質PM2.5が風にのって飛んできたことがニュースになりました。

喫煙が許されている喫茶店の中は、たばこの煙の中に含まれるPM2.5によって、北京と同レベルに汚染されているそうです。同室の人への配慮として、受動喫煙の問題はやはり無視できないでしょう。

ニオイが気になる

たばこ独特の焦げ臭いニオイは、吸わない人に不快感を与えます。禁煙に成功した元喫煙者も、どうしてこんな嫌なニオイを気持ちいいと思っていたのかと感じるそうです。喫煙を習慣としていたときには、その煙に浸って幸福感を味わっていたはずなのに、なんとも不思議な話です。

たばこのニオイは衣類専用の消臭剤でもなかなか落ちにくいやっかいなものです。ヘビースモーカーの吐く息もまたたばこ臭いということを知っていたほうがよいでしょう。

かつてのイメージはもう戻らない

たばこ会社の広告の効果もあって、「たばこを吸う人はカッコイイ」というイメージの時代がありましたが、最近ではマイナスのイメージしか残っていません。これだけ世界中から嫌われているたばこですから、それを吸う人もいっしょに印象が悪くなっています。
女性から見てタバコを吸う男はカッコイイ?(1/4) | 恋愛相談のQ&A【OKWave】

過去に戻って、昔の自分にたばこをやめるよう説得することはできませんが、いまの自分が禁煙を始めるようにうながすことは十分に可能です。ぜひ、禁煙にトライしましょう。