タバコの毒性について

タバコは体に悪いと言われています。たばこの広告、包装にも次の警告文が記述されています。『喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります。疫学的な推計によると、喫煙者は肺がんにより死亡する危険性が非喫煙者に比べて約2倍から4倍高くなります』タバコの毒性として三悪とされている有害成分について整理してみましょう。


タバコの三悪

タバコの煙の有害物質として三悪といわれているものが一酸化炭素、タール、ニコチンの3つです。タバコ1本の煙の中には、一酸化炭素 20~30mg、タール10mg、ニコチン0.1~2.0mg、が含まれていると言われています。

一酸化炭素

一酸化炭素(CO)は一般的にはあまり意識されていないかもしれません。タバコの煙を吸い込むと煙は肺から肺胞へ入っていきます。COは肺胞壁から毛細血管への吸収されるのが極めて速いです。COは酸素よりも血液のヘモグロビンと親和性が200倍以上高いです。血液に入ったCOは酸素より先に結合されます。つまり酸欠状態になりやすいということです。呼吸器疾患のある方は喫煙が充分注意が必要ということになります。

タバコの主流煙のCOの濃度は3万ppmであり、自動車の排気ガスの濃度1万ppmよりもかなり高い値となっています。このような状態であるため、喫煙者は常に体内全体の酸素不足ということになっており、皮膚の老化(スモーカーズ・フェイス)、しわが多い、心血管疾患、胎児の発育不全に影響を及ぼします。特にタバコの副流煙は主流煙より多くのCOを含んでいます。タバコを吸う喫煙者の周りに多くの影響を与える可能性があると言われています。妊婦さんの近くでの喫煙は要注意というわけです。

タール

タバコにはタバコ自体に含まれている成分と成分が燃焼した際に発生する化合物が4000種類以上あります。この物質のうち粒子成分をタールと言われています。この粒子成分を吸い込むことで体内に沈着し疾患を引き起こすということになります。代表的なタバコのの粒子成分をあげます。

・発がん物質
ベンゾピレン/ベンツアントラセン/N'‐ニトロソノルニコチン/2‐ナフチルアミン/4‐アミノビフェニル/NNK/カドミウム/ニッケル/ポロニウム210

・発がん補助物質
ナフタレン類/ピレン/フェノール/カテコール

・心臓血管、呼吸器毒性物質
ニコチン

また、タールによって歯が黄色くなったり、口臭がひどくなるだけでなく、歯周病強くに影響します。歯や歯肉に与えるダメージは少なくありません。歯が抜け落ちる原因となることをよく認識すべきです。

ニコチン

前述のタールでもふれましたが、ニコチンにも毒性が強いです。しかし一番のタバコの問題はこれまで述べた毒性があるにもかかわらず、このニコチンによってタバコへの依存体質をつくってしまうことです。

タバコは嗜好品と呼ばれていますが、誤りです。喫煙は嗜好ではなく依存症です。タバコを吸うと7秒で脳に伝達されると言われています。脳内でニコチンはニコチン受容体と結合しドパミンという気持ちよくなる物質が放出されます。このれによりタバコを吸うとストレス解消になる、スッキリするという錯覚を起こすわけです。タバコをやめれない。やめてもすぐに吸ってしまう人はニコチン依存症といわれています。ニコチン中毒ということです。麻薬、アルコール中毒とかわりません。

長年のニコチンの摂取のためにニコチンがないと体に不調をきたす体質をつくってしまうというわけです。また、タバコの害はEDにも影響します。1日1箱を喫煙する場合、EDとなる可能性は非喫煙者の1.5倍といわれています。

タバコをやめたくないが、EDはなんとかしたいという男性諸氏は、お悩みをクリニックにご相談されてはいかがでしょうか。バイアグラなどの勃起改善薬を処方してもらって強い男に自信がもてれば、禁煙の依存症もうまく解消できるかもしれません。タバコも吸えないし、吸殻のような『ご自身』のために夜の営みも・・となれば、人生寂しすぎますから。ご検討をお勧めします。